年代別治療症例

CASESTUDY OF ORTHODONTICS

ADULT

開咬とは、奥歯で咬んでいても上下の前歯に隙間ができてしまう状態です。開咬になると、前歯でものを噛み切ることができず、発音も不明瞭になります。また、歯茎が乾きやすく、むし歯や歯周病になりやすいほか、咬み合う歯が少ないため、顎関節症が発生しやすくなることもあります。

原因として、骨格的なものや舌を前に出す癖など機能的なものもあります。

前歯が咬み合わないことを主訴に来院されました。舌の位置が低く、舌を上下前歯の隙間に入れる舌癖があったので、これを改善しつつ、狭い上顎の拡大をクアドヘリックスで行い、マルチブラケット装置を装着し、全体的な咬み合わせを2年6ヵ月で作りました。

【リスク】
舌癖が残ると、再度開咬となる可能性があります。

主訴
前歯が咬み合わない
使用装置
クアドヘリックス+マルチブラケット+エラスティック
使用期間
2年6ヶ月
費用
950,400円(税込み)
  • 術前

  • 術中

  • 術後

  • 術前

  • 術中

  • 術後

  前に戻る

  症例トップに戻る

おだいら矯正歯科

〒320-0061 栃木県宇都宮市宝木町1-2588-44

028-650-7150

Fax:028-650-7151

月~金 AM10:00~PM1:00 PM2:30~PM7:00

土曜・日曜 PM6:00まで

休診日:木曜・祝祭日/第1・3・5日曜日/第2・4月曜日

Google Map

Clinic Calender

おだいら矯正歯科 for Adult 大人のための舌側矯正 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
Copyright © Odaira Orthodontic Office. All right reserved.