院長ブログ

Director's Blog

仮歯

2012.11.24

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

久々に治療に関してのお話です。

舌側矯正を希望される患者さんで、永久歯の抜歯が必要な場合によく「抜歯した隙間は目立ちませんか?」という質問を受けます。

おっしゃる通りで、特に舌側矯正の場合、なにも装置が見えないところにすきっ歯になっていると目立ちますし、何のために目立たない装置を選んだのかという話になってしまいます。

そのため、抜歯して治療される患者さんには以下のような仮歯を着けております。

あくまでも「仮の歯」ですからこれで物を咬んだりすることはできませんが、見た目の心配はなくなります。

この仮歯は矯正装置によって隙間を閉じるにしたがって徐々に削って小さくしていき、最後には全て外してしまいます。

 

1.jpg

仮歯を上下につけた状態

 

2.jpg

だんだん削っていきます。

 

3.jpg

最後は完全になくなります。

 

 

仮歯は抜歯した次の日には着けることができます。そのため、どうしても隙間が気になる方は1本抜くごとにご来院されますし(普通は4本抜歯になりますので4回来院することになります)、それほど気にならない場合は矯正装置を着ける日にまとめて着ける方もいらっしゃいます。

また、上の隙間は気になるけど下は気にならないという場合は、上顎のみに仮歯を着けることもあります。

仮歯は治療上必要なわけではありませんので、見た目の問題のためだけに着けるため、いつどこに着けるかはお好みになります。

おだいら矯正歯科

〒320-0061 栃木県宇都宮市宝木町1-2588-44

028-650-7150

Fax:028-650-7151

月~金 AM10:00~PM1:00 PM2:30~PM7:00

土曜・日曜 PM6:00まで

休診日:木曜・祝祭日/第1・3・5日曜日/第2・4月曜日

Google Map

Clinic Calender

おだいら矯正歯科 for Adult 大人のための裏側矯正 公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
Copyright © Odaira Orthodontic Office. All right reserved.