学会・勉強会の最近のブログ記事

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、本日は話題を2つほど。

まず831日(木)ですが20192月に開催される、日本臨床矯正歯科医会神奈川大会の会場視察のため、横浜まで行ってまいりました!

何度か書きましたが現在大会運営委員会の委員長を仰せつかっており、その大会開催候補の会場を4か所ほど回ってまいりました。

各会場の広さや部屋数、周辺環境、アクセス、懇親会、費用などの条件を満たしているかを確認し、その中でどこが一番会場としてふさわしいかをチェックするのですが・・・

 

IMG_1601.jpg

IMG_1602.jpg

IMG_1604.jpg

IMG_1608.jpg

 

うーん、今回の会場は帯に短したすきに長しといいますか、どこも一長一短でこれという決め手の会場がなく、選択に迷いうところです。横浜という大都市だけに候補になりうる会場がいくつもあるところがまた悩みどころです(汗)

ただ何とか例年と比べ少し変則的な開催方法にはなりますが、おおよそ会場のめどが付きました。とりあえず一安心です!

 

続きまして92日(土)には神奈川歯科大学同窓会栃木県支部の学術講演へ行ってまいりました。

今回の講演者は私が神奈川歯科大学の矯正科研修生のときに大変お世話になりました、笹栗健一先生です。現在自治医科大学口腔外科に矯正担当として所属されており、神奈川歯科大学時代から始まり、現在も自治医科大学で続けておられる研究についての講演をしていただきました。お題目は「脳機能から"診る"咬合」です。

 

IMG_1610.jpg

 

咬合が変化したときには脳のどの部分が活性化されているか、また、その活性化している脳を診れば咬合状態の客観的な評価ができるのではないか?や、ストレスを受けたときに脳はどのように反応するのかなど、いわゆる「かみ合わせ」を治すのが本職の私にとっては大変興味深い話でした。

 

以前私が治療した患者さんでも、昔歯を抜いて矯正治療を経験された方で、顎の痛みを初めとした不調を訴えいらっしゃった患者さんが、下の顎が押し込まれないように下顎骨の位置を前方に設定して、その分前にせり出した下顎の歯列を遠心に移動することで不調が落ち着いた患者さんがいらっしゃいましたが、脳機能から見ても正しい方法であったのだと妙に納得しました。

 

また、笹栗先生は私が矯正科に入局した1年目のインストラクターで、いわば私に矯正の「いろは」を教えていただいた先生です。昼は医局でお世話になり夜も本当によく飲みにつれて行っていただきました。そんな先生と宇都宮の地で、講演や懇親会を御一緒出来てとても楽しい夜でした!!

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

なんか最近雨が多いですよね?、本当に梅雨が明けたのか心配になるくらいです。とは言いつつもう8月ですね!

さて、先日のことですが診療日を1日クローズしまして、おだいら矯正歯科にTBI(歯ブラシ指導)の講師を招き、スタッフ向けにTBIセミナーを開催しました。

今回講演を依頼したのは、大阪に本拠地を構える株式会社ボーテの代表取締役である、佐藤朱美さんです。

佐藤さんは代表取締役でありながら、現役バリバリの歯科衛生士です。

知り合ったきっかけは昨年の日本臨床矯正歯科医会の千葉大会でスタッフ向けセミナーに矯正歯科治療中のブラッシングについての講演にいらっしゃっていて、その後の懇親会で話す機会があり、いろいろと話しているうちに是非今度おだいら矯正歯科でもセミナーをやってくださいとなったわけです。今回は先日神戸で開催されたWIOCという国際的な大会の講演後というお忙しい中、大阪から宇都宮のはずれまでいらしていただきました。

セミナーでは矯正歯科治療中のブラッシングの話だけではなく、最近のプロフェッショナルトリートメントのトレンドや、マネージメントの話など多岐に渡り、あっという間の1日でした。

矯正歯科治療中の歯ブラシは本当に大切です。

折角きれいに歯が並んでも、むし歯だらけでは何のために矯正をしたのかわかりません。

その重要な歯ブラシをいかに患者さんに上手にやってもらうようするのか、またどのようにしたらきれいにクリーニングできるのか、大変有意義なセミナーでした。

 

IMG_1486.jpg

IMG_1493.jpg

 

今後は今回聞いたセミナーをベースにおだいら矯正歯科でのTBIのシステムをしっかりと構築していき、出来る限り患者さんがむし歯を作らないようにサポートしていきたいと思います。

 

IMG_1520.jpg

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

昨日までWSLO(世界舌側矯正歯科学会)に参加するためタイのバンコクまで行ってまいりました。

 

IMG_1437.jpg

 

今年はバンコクの中心街にありますアノーマーホテルにおいて2日間に渡り開催されましたが、今年の私のメインイベントは何と言っても表題にもあります、WBLOの試験を受けることです。

WBLOとはWorld board of Lingual Orthodonticsの略で、いわゆる世界舌側矯正歯科学会の専門医です。

 

そして・・・

 

無事に合格いたしました!!!!!!!

 

舌側矯正の数ある学会の中でも取得するのは最難関の試験で、まず8症例の課題をそろえなければなりません。

専門的に言えば、1.アダルトケース、2.アングルI級叢生か上下顎前突ケース、3.アングルII2類、4.アングルII級ハイアングルケース、5.アングルII1類ケース、6.アングルIII級ケース、7.外科矯正ケース、8.ラテラルクロスバイトケースと、歯科に無関係の方が聞いても何言っているのかわからないケースが、もちろん上下顎とも舌側矯正で治した症例が必要になってきます。

 

どれだけ難しいかと言うと、なにせこの試験に合格してWBLOのメンバーになった先生は日本に7名しかいらっしゃいません!

私の師匠であります竹元先生を初めとした、日本の舌側矯正の重鎮の先生方6名と、どこの誰かもわからない下っ端の私の合計7名です(笑)

 

また、世界大会ですので資料もすべて英語で作成しなければなりません(汗)これがまた大変でした。

開業医ですから診療は毎日やらなければなりませんので、その時間を削るわけにはいかず、ここ数カ月は診療後にこつこつと資料の作成をしておりました。

 

IMG_1442.jpg

IMG_1443.jpg

GARAディナーでチェアマンのスクッゾ先生からサーティフィケートが授与されました!

 

本当に大変でしたが、合格すればその苦労も報われます!

 

以前今年の目標が4つあると年初のブログに書きました

一つは以前も書きましたホームページのリニューアル(納得いくもにするため、少し作成が遅れています)

そしてもう一つがこのWBLOの取得でした。(もし落ちたら恥ずかしいので内緒にしていました(汗))

無事に目標が達成されて本当によかったです!!!

今後もWBLOメンバーの名に恥じないような矯正歯科治療をしていきたいと思います。

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、以前この時期は隠れ学会シーズンと書きましたが、まずは1発目日本成人矯正歯科学会に出席してまいりました。

今回は25回の記念大会という事で土日の2日間に渡り開催されましたが、今週から世界舌側矯正学会参加のためバンコクへ行くため、診療日をこれ以上減らすわけにもいかず、日曜日のみ参加してまいりました。

 

IMG_1413.jpg

 

今回の開催地は都内の「東京ビックサイト」です。

メインテーマ「チーム歯科医療の現状と未来」に沿った様々な演題が発表されていましたが、中でも私が興味深く聴いたのは「歯科保健医療を取り巻く状況と今後の展望」と題した和田康志先生の招待講演です。

厚生労働省の医政局歯科保健課に所属する同氏から国から見た歯科会の状況を事細かにご説明いただきました。

例えば「どういった経緯で歯科医師を減らすことになったのか」「減らすためにどのようなプランを立てたのか」「現状の歯科医師の男女比が変化しており、それに伴って開業パターンも変わってきている」など歯科医師に対する話から、「8020達成者が数年前までは20%代だったのが今年は50%の老人が達成している」など、歯科を受診する患者さんのデータまで、非常に興味深かったです。

最後は矯正歯科が特定商取引法の対象にならないよう、矯正歯科の正しい普及活動を行ってくださいとして締めくくられましたが、全くその通りだと思います。

 

さー、ひとつ学会が終わりました(汗)

次の学会、バンコク、行ってまいります

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、表題の件ですが、書こう書こうと思いつつ気が付けば2週間が経とうとしています。もうネタとしては遅すぎですよね(汗)

そう、オラがバスケットチーム「リンク栃木ブレっクス」がみごとBリーグ初代王者に輝きました!プレーオフ準決勝がたまたま休みの日にテレビ中継していたので観ていましたが、かなり盛り上がりますね!子供たちはすっかりファンになったようで、先週宇都宮市のメインストリートで行われた凱旋パレードを観に行ってきたそうです!仕事がなければ私もいきたかったです。

 

IMG_1387.JPG

パレードでもらってきました!

 

さてさて、話は変わりまして、67日(水)8日(木)には矯正歯科医会例会に出席するため、大阪まで行ってまいりました。

今回から矯正歯科医会の運営委員会委員長を拝命致しまして、開始前の準備から1日目の深夜まで行われた会議、そして例会開催中の進行運営と、まさに走り回っている様な2日間でした。

 

IMG_1389.jpg

会場を見る風景が違います(汗)

 

会場にずーっと張り付いていないといけないので、すべての講演を拝聴しましたが、今回特に興味深かったのは、大阪大学教授であります天野敦雄教授によります、「病原性の高いプラークと低いプラークを見分ける科学」と題した演題です。歯周病の原因はプラークの病原性と歯周組織の抵抗性の均衡崩壊によること。そしてプラークには病原性が高いプラークと低いプラークがあり、病原性が高いプラークでは特にP.gingivalis II型が歯周病の悪化に大きな影響を及ぼしていることなど、歯科医師として知っておくべき歯周病とプラークの病原性の基礎知識を、楽しく、そしてとてもわかりやすくご講演をしていただきました。

 

IMG_1390.jpg

ちなみにこの楯を準備するのも委員会の仕事です。

IMG_1391.jpg

 

本当に話が上手な先生で、演題だけ見たら睡眠の時間になりそうな内容でしたが、すっかり聞き入ってしまいました。

矯正歯科医院の臨床に行かせる話も多々あり、大変勉強になりました。

 

例会は無事に終わりましたが、6月は隠れ学会シーズンです。

625日には日本成人矯正歯科学会が東京で、そして629日からはWSLOがタイで開催されます。

 

忙しい日々が続きます(汗)

 

 

ゆく人くる人

| | コメント(0) | トラックバック(0)

東日本大震災から6年が経過しました。あっという間の6年ですがいまだ原発を初め多くの問題が解決されておりません。避難されている方も12万人を超えるとか。被災された方々が少しでも安らかな生活を送れるよう、心よりお祈り申し上げます。

 

さて、先週は1週間に2回祝賀パーティーがあり出席してまいりました。

まず第1弾は神奈川歯科大学の松尾雅斗先生の解剖学教授就任祝賀会です。松尾先生はゴルフ部のOBということもあり、私も学生の頃から大変お世話になっておりました。

 

IMG_1308.jpg

開催場所はこちらのビル内のレストランで

 

今回の祝賀会はゴルフ部OB会主催という事もあり、多くの懐かしい面々にお会いすることができました。

会では松尾先生がこれまでの歩みをプレゼンで面白おかしく話されていましたが、私が所属していた時代の写真も多く出てまいりました。まあ、そのほとんどがゴルフではなく飲み会の写真なのですが(汗)

 

IMG_1309.jpg

IMG_1313.jpg

 

本当に今の学生が聞いたら信じられないようなバカの事を、ほぼ毎週やっていました。本当によく飲んで歌って語り合っていたと思います。

ただ、今こうして社会に出てみますと、歯科医師国家試験の勉強より、バカな事をやっていた時の事の方が、役に立っているように思います。

一人一言ずつ話す機会がありましたので、私からは松尾先生へのお祝いの言葉と、現役ゴルフ部の学生に社会に出てバカな事が役立つことと、だからこそ部活はやめないで最後まで頑張ってほしいという事を話させていただきました。

 

就任される先生がいれば退任される先生もいらっしゃいます。

2弾は木曜日、神奈川歯科大学矯正科でお世話になりました、秋本進先生の退職祝いに出席してまいりました。

40年間大学矯正科一筋で働いてこられ、めでたく定年退職となったのですが、今回はそれを記念して神奈川歯科大学附属横浜病院大会議室にて、先生の40年間の臨床についての講演があり、多くの矯正科OBの先生が集まりました。

 

IMG_1317.jpg

IMG_1318.jpg

 

40年間在籍していたわけですから、研修生の教え子も多く、100人を超える先生方が集まり懇親会では矯正科研修生時代からの懐かしい先輩や後輩に会うことができました。おそらくこのような面子が勢ぞろいするようなことは今後ないのではないかと思います。また、温和で誰にでも優しい先生のお人柄からの秋本先生ですので、会も終始和やかな雰囲気で執り行われました。是非2次会、3次会と出席したかったのですが、残念ながら次の日は診療がありましたので、後ろ髪を引かれつつ横浜を後にしました。

この季節、出会いがあれば別れありですね?!

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、表題の大会が222日(水)・23日(木)の2日間に渡り、千葉県成田市のヒルトン成田にて開催されました。

以前も書きましたが、私この会の運営委員なるものに任命されておりますので前日の2116時の委員会から参加です。

前日は進行の打ち合わせや宅配物の確認、会場の設営の確認などを行いつつ、次回6月の例会の打ち合わせなどを行い、最後の会議が終了したのが夜中の0時近くでした(汗)

 

IMG_1290.jpg

準備中の受け付けは閑散としています。

 

ただ、大会の準備のメインは千葉支部の先生方ですので私なんかよりもっと大変だったのではないかと思います。そのおかげで大会は盛会で大きなトラブルもなくスムーズに進行することができました。

 

IMG_1292.jpg

いよいよ開会式が始まりました。

 

今回のテーマは「成長期の不正咬合を考える‐連携の新しい形」というものでしたが、聞いた講演の中で面白かったのは、やはりそのテーマに合わせて開催されたシンポジウム「学校歯科健康診断、歯列、咬合、顎関節の事後処置における地域連携を考える」という演題です。東京医科歯科大学名誉教授の黒田敬之先生をコーディネーターとして迎えつつ、矯正歯科医、養護教諭、歯科医師会の3者の立場の先生の講演の後、会場にお越しのいろいろな立場の先生がその地域で、そして現場でどのようなことをされているのかご発言されました。

お話を伺い感じたのは、やはり「学校医の先生はかなりお忙しいんだなぁ」ということと、数年前から学校の歯科検診で不正咬合を確認していますが、そこで指摘されても学校医の先生はどう指導したらいいかわからないという現状です。

一般歯科の先生でもわからない場合があるような、歯科の中でも特殊な分野ですので、まあ仕方がないと思います。また矯正歯科治療は基本的に自費診療で高額になるということで、どのように勧めたらいいのかわからないという事でした。お気持ちよくわかります。

シンポジウムを聞いていて、養護教諭の先生がとても勉強熱心で(もちろんこのシンポジウムに参加されているぐらいですから。)仕事の事を真剣に考えられているのがよく伝わってきました。私たち矯正歯科医としては養護教諭の先生をはじめとした多くの専門外の先生に矯正歯科の正しい知識を発信していかなければならないと、強く感じました。

 

IMG_1296.jpg

恒例のブレスマ表彰式も開催されました。

 

さて、次回は6月例会が大阪で開催されます。息をつく暇もなくその準備に取り掛かりたいと思います()

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。前回の記事が今年最後になるかと思いましたが、先日仙台で開催されました第5IDT研究会に参加してまいりましたので、その記事をホントの今年最後にしたいと思います。

 

IDT研究会とはInterdisciplinary Dentfacial Therapy 顎顔面包括歯科の略語でして、矯正歯科治療のことだけでなく、歯周病専門医、口腔外科医など、他歯科分野のスペシャリストと提携して治療を行った症例を報告する勉強会です。

今回は私も「The Approach of Non-surgical Lingual Orthodontics to Treatment of Skeletal Malocclusion」というタイトルで30分ほどの講演をさせていただきました。

 

idt1.jpg

暗くてわかりずらいですが私の講演です。

 

idt2.jpg

会の終了後に演者と主催者にて記念撮影

 

今回も100名近い先生方がいらっしゃっておりましたが、このような場で発表させていただくことは、私にとっても非常に有意義で良い経験になります。

内容は本来であれば手術を併用した矯正歯科治療が必要な患者さんを舌側からの矯正と矯正用アンカースクリューを使うメリットを活かして治療した症例について、またそのような治療をする際の問題点などを3症例ほど提示しながら説明致しました。

時間ぴったりで終わりましたし、まあ発表としては成功しんじゃないかと思います。

 

idt3.jpg

ちなみに会の前日には前夜祭が執り行われます。

 

 

毎年この会は12月のクリスマス前、天皇誕生日に横浜市と仙台市で交互に開催されます。とても勉強になる会ですので祝日が潰れるのは痛いですが、来年もぜひ参加したいと思います。

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて表題ですが、矯正歯科関連の学会はいくつかありますが、それらの学会大会が集中するのが秋です。

今年も11月に入ってから先月書きました日本矯正歯科学会徳島大会をはじめ、17日に東京矯正歯科学会秋季セミナー、そして27日には日本舌側矯正歯科学会大会が品川で開催され出席してまいりました。

 

IMG_1242.jpg

 

さらに毎年この時期には神奈川歯科大学同窓会栃木県支部の学術講演会も開催されるのですが、今年も26日に参加してまいりました。

以前も書きましたが、歯科学会の認定医制度や専門医制度は更新式ですので自分が認定医や専門医を維持するためにはちゃんと学会に参加したり、症例報告や学術的な発表をしてポイントを貯めなければなりません。どの学会認定医制度も5年おきに更新がありポイントが不足していると更新できない仕組みになっています。

ここ数年で専門医や認定医を乱獲?しているため、必然的に学会出席も増えております(汗)

まあ学会に参加することで新しい知識やテクニックなども勉強することができるのでいいことなのですが・・・とにかく忙しい11月でした。

 

そして12月は忘年会シーズンです。

すでに123日にホテル東日本宇都宮にて宇都宮市歯科医師会の忘年会がありましたが、これを皮切りに委員会や同級生、おだいら矯正歯科などあと5回ほど忘年会に出席する予定です。

12月は例年通り夜がとにかく忙しい月になりそうです(汗)

まあお酒は大好きなのでほどほどに楽しみつつ乗り切ろうと思います。

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、先週の話になってしまいますが、8日、9日に開催されました日本矯正歯科学会に参加してまいりました。

 

IMG_1145.jpg

IMG_1146.jpg

 

今回は主幹が徳島大学ということで、開催地は徳島市です。私、徳島県は初上陸です!

日本矯正歯科学会は日本で毎年開催される、矯正歯科会に関する国内最大の学会でおおよそ6000人の会員がいます。また、会員だけではなくそこに勤務しているスタッフを毎年連れてくる医院もありますし、矯正歯科関連の歯科業者のほとんどはこの学会に営業ブースを出します。

そのため、毎年大会は数千人規模の大きなものになるのですが、今回危惧されていたのは徳島市にそれだけのキャパがあるかということでした。市内ホテルの客室数や飛行機を初めとした交通機関のキャパがおそらく足りないであろうと心配し、知り合いの先生には今回は不参加の先生も結構いらっしゃいました。

蓋を開けてみれば、会場の規模が小さかったせいもあるとは思いますが、結構人が多く盛況に感じられました。確かに会場までのアクセスが悪く、バスやタクシーに結構並んだりと不便なこともありましたが、やれば結構できるものですね。

今回特に印象に残った講演は8日午前中の「歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療後の長期安定性」という臨床セミナーです。

歯科矯正用アンカースクリューでは著名な4名の先生によるご講演です。実は今度12月にIDT研究会という勉強会で舌側矯正にアンカースクリューを絡めた話を30分ほどする予定なのですが、基本的なことなど大変参考になりました。

また、学会で各地へ出向いたときのお楽しみは、その地の名物料理や地元でしか味わえないものを食べることです。

今回は学会開催の前日夜に行った「ししくい」という海女割烹料理が印象的でした。

 

IMG_1143.jpg

IMG_1144.jpg

 

このような新鮮な海老や貝をその場で焼いて食べさせてくれます。普通これだけ新鮮な食材が並べば、おそらく都内でしたら3万円くらいするところが、伊勢海老活造り1匹と桶の魚介一式に刺身やごはん、味噌汁がついて一人のコースが8,000円と、確かに高いですがコスパとしてはとてもよろしいのではないかと思います。

かなり広い料理屋でしたが、そこを埋め尽くしている客はほぼ全て学会参加者でした(汗)

 

来年の大会は北海道になります。北海道や福岡で開催される際にはただでさえ参加者が多いと聞いております。次回はそれに加え、今回不参加の先生は必ず行かれると思いますので、かなりホテルなんかも混雑が予想されますので、早めの予約を心掛けたいです。

 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

月別 アーカイブ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ