2017年5月アーカイブ

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

さて、GW期間中のある日の出来事です。(あえて遅らせて書きました)

早朝6時頃、息子に起こされました。

「おなかが痛い」とのこと。

 

「トイレに行ってみたら?」などと話していましたが、痛いのはどうやら鳩尾辺りの様です。

そのうちうずくまりながら脂汗を垂らしているので、これはまずいぞと夜間救急センターに車を飛ばしました。

6時半までに入れなかったら診ることができませんと電話で伝えられていたので、あわてて駆け込み、なんとか6時半ちょうそに救急センターに滑り込むことができました。

私たちの前にいた患者さんは一人だけでしたので順番はすぐに回ってきて、診察していただいたのですが・・・

 

診察中も前かがみになりながら汗を流している息子でしたが、診ていただいた先生によると呼吸や脈拍に問題はないとのこと。

そのうち涙をこぼしている中、「問題ないから痛み止めの薬を一回分出しておきましょう」との結論でした。

痛み止めの薬を飲むという事は対症療法、いわゆるその場しのぎでしかありません。

 

幸い、痛み止めを飲んでその先生がおっしゃる通りその後は落ち着いたのですが、家内と私、そして何より息子本人がまた急に痛みが出ないか、しばらく不安を抱えながら生活しておりました。

 

休日夜間診療をされている先生は医師も歯科医師の先生方もまさに寝る時間を削って診療にあたられているわけですから、大変ありがたいと思いますし尊敬もしております。

今回も呼吸と脈拍に問題がないことを確認していただいただけでとてもありがたいことだと思っています。

ただ同じ医療人としてもし自分だったらどうするか(患者さんがどうすれば安心するか)を考えてみました。

 

おそらく100パーセント患者さんを安心させることはできないと思います。痛がっていることを治せないわけですから。

ただ、少しでも不安を和らげることを考え、そのためにはまず、原因や治療法がわからない事を正直に伝えることだと思いました。

どうしても患者さんや看護婦さんの前では、はっきり「分かりません」と言うのはプライドが許さない先生もいらっしゃるかと思います。

が、私にはそういったプライドはまったくありませんので、「分かりません」と言うのは全然恥ずかしくありません(笑)

 

今回の先生はもちろんわかっていてそのような対処をしたと信じたいですが、仮に原因がわからなかった場合、わかっているような感じで痛み止めの薬を出して、もしその後大事に至ってしまったとしたら・・・ それこそ取り返しがききません。

であれば「原因がわからないので、また痛みが出た場合、また痛みが出なかったとしても、心配であればしかるべき機関で診てもらってください。」と説明し、そこに紹介状を付けてあげるのが私の考えうる応急的な精一杯の対応なのかなーと思いました。

 

 

おだいら矯正歯科でも、私が初診相談や検査結果を説明する際には、「わからないことはわからない」、「できないことはできない」とはっきり伝えるようにしています。

 

例えば「部分矯正はできますか?」とか「マウスピース矯正で治せますか?」などの質問があると「申し訳ありませんが私にはその装置で治すことができません!」とはっきりお伝えしています。

自分が治せるか治せないかあやふやで患者さんを治療するより、よほど患者さんのためになりますし、それが医療だと思いますので。

 

そんなことを考えさせられたGWの早朝でした。

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、もう先週の話になってしまいますが、4月から入社しました新人の歯科衛生士「ウサミ」さんの新人歓迎パーティーを「ワインレストラン・HACHINOJO」にて開催いたしました。

ウサミさんは今年3月に衛生福祉大学を卒業したばかりのとても優秀な歯科衛生士さんです。入社して1か月ですがめきめきと実力を着けているので、とても将来を楽しみにしております。

また、2月から受付スタッフとして入社しました「カトウ」さんも、3か月が経ちましたがかなりのスピードでいろいろなことを憶えて行ってくれていると思います。2か月前に「カクライ」で開催した歓迎会の時点で、完全におだいら矯正歯科に馴染んでいましたので、キャラ的にも申し分なし、期待しております。

現在おだいら矯正歯科は総勢12名、適材適所に素晴らしい人材がそろっておりますので、皆様どうぞ安心してご来院ください。

今回の食事会ですが、HACHINOJO代表の湯原さんにお願いしまして、フルコース料理のテーブルマナー教室もやっていただきました。

一般的なマナーからワインの飲み方、最近のコース料理のトレンドまで、スタッフ皆が真剣に聞きつつも、楽しんで食事をすることができました。特に今回は新社会人が一人いましたので、とても良い企画だったのではないかと思います。

 

IMG_1375.jpg

 

湯原社長、いろいろとありがとうございました。またよろしくお願いします!

 

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

GWも終わり相変わらず忙しい日々を送っています。

6月に開催される矯正歯科医会例会のプログラムや会場の準備、6月末にちょっとした症例報告の機会があるので、その8症例分の資料作成、前にも書きましたがリニューアルホームページ制作、そして5月と6月に幹事を任されている会合や食事会のセッティング、その数なんと9件!!!

我ながらよくその日の時間と人数と場所を把握していると思います。

 

いつになったら安息の日々が訪れるのでしょうか(笑)

 

さて、そんな忙しい日々ですが遊ぶときは遊びに集中します。

53日から23日で那須へ家族旅行に行ってまいりました。

3日間をフル活用しました。

 

まず1日目は「那須りんどう湖ファミリー牧場」です。子供たちが昨年とても楽しかったようで、今回は第一日目となりました。

 

IMG_1364.jpg

 

そして2日目は「那須ハイランドパーク」こちらは丸1日いましたが、ここまでじっくり遊んだのは初めてで、数種類のジェットコースターや各種アトラクションの多さや敷地の広さに驚きました。今回子供たちはここが一番楽しかったようです。へとへとになるまで遊びました。

 

IMG_1365.jpg

ハイランドパークには虹も出ていました。

 

そして3日目は帰りがけに「お菓子の城那須ハートランド」に併設されている、「花と体験の森」へ行ってまいりました。たまたまお菓子の城でおみやげを買った帰りに寄ったのですが、これが思いのほか楽しく、お菓子作りや飾り物などの制作を体験できます。また奥に森が広がっておりシールラリーなどができ、シールを貼り終わるには30分ほど歩きますのでいい運動になりました。

 

IMG_1372.jpg

 

今回訪問したすべての施設がペット同伴が可能な場所で、ペット連れの家族には大変うれしい限りです。

 

楽しい3日間もあっという間に終わりました。

 

さあ! 診療に雑用に、精を出すとしますか!!!

 

GW2017

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

毎年ゴールデンウィークの休診日をブログでアナウンスしていましたが、今年はすっかり忘れておりました()

もうGWも中盤ですが、今後の休みをお知らせしておきます。

 

5月のGW休診日は3日から5日までの3日間です。

 

明日2日は通常診療しています。

 

さて、今回の小平家のGWですが、まず429日(土)はベルモールに行きゲーセンや映画館などで1日過ごし、そして昨日30日はこれまた家族4人で奥日光へハイキングに行ってまいりました。

以前も何度か書きましたが、私の出身は日光市でしかもいろは坂のふもと近くに今も実家があるのですが、いろは坂を登り、しかもハイキングをしたのは何年、いや何十年ぶりでしょうか(汗)

今回のルートは竜頭の滝から出発し赤沼の茶屋で昼食を食べてまた竜頭の滝に戻ってくるという、約3キロの道のりでしたが、天気も良く、寒しぎず暑すぎず、とても気持ちよく歩くことができました。

 

IMG_1357.jpg

竜頭の滝から出発です

 

IMG_1355.jpg

滝の上流

 

IMG_1356.jpg

ずんすん進みます!

 

家族もみんな楽しそうでしたので、今度は是非湯滝から赤沼までの奥日光ハイキングゴールデンルートを歩いてみたいと思います。

茶屋のおばさんの話ですと6月中旬に戦場ヶ原の花がきれいだと言っていましたので、次回は6月の晴れる日を狙っていきたいと思います。

ハイキング、はまりそうです。

ちなみに53日からは23日で犬を連れて那須へ行ってまいります!

 

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

月別 アーカイブ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ