2015年8月アーカイブ

外国人観光客

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、先日栃木県の地元紙「下野新聞」にこんな記事が載っていました。

 

あしぎん総合研究所は27日、2014年夏?15年春に旧日光市を観光で訪れた外国人を対象とした「日光インバウンド調査」の結果を発表した。エリア別の来訪者は欧州が47・0%と最も多く、中国、韓国など訪日客の多いアジアの34・9%を上回った。また初めて日光を訪れた人が8割を超えたほか、日帰り客が6割を占めたことから、同総研は「リピーターの獲得や、滞在型観光をしてもらう取り組みが必要だ」と提言する。

 調査は季節ごとに4回に分けて実施し、1870人が回答した。

 欧州からの来訪者はフランスが11・3%で最も多く、スペイン、イタリアと続いた。アジアは台湾が14・0%で、全体の国・地域別でも最多。次に多かったのはタイで、中国は4・0%、韓国は0・6%にとどまった。米国は7・4%だった。

 欧州からの来訪者が多い理由について、同総研は「二社一寺をはじめとする文化遺産への関心が高い」とし、中国、韓国が少ない点は「ショッピングや日本食への関心が高く、東京、大阪など大都市圏に流れているようだ」と指摘した。元ネタはこちら)

 

おもしろいですね。最近よくニュースでは中国人観光客と韓国人観光客が年々増加しており、昨年は円安の影響もあり外国人の訪日数が過去最高を記録したとか。

確かに実感として学会等で北海道や大阪に行くと本当によく中国や韓国語を耳にしますし、都内では話題になったいわゆる「爆買い」する中国人観光客を見かけます。

そんな中、一番多いのが欧州からの観光客で中韓の韓国客の割合が低いのがとても興味深いです。

思い起こせば大学生時代横須賀市に住んでいた時は、米軍基地にインディペンデントという空母が来航すると、繁華街にわっと外国人(米国人)が増えるのですが、そこでワイワイ騒いでいる外国人と日光市に観光に来る外国人は違う人種なんだろうなといつも感じていました。私の主幹ですが雰囲気でとても知的な感じがします。

もちろん日光市へ観光に来る観光客が優秀で他の観光客がそうではないというつもりはありませんが・・・

ただ、この記事にも書いてありますが、問題点はリピーターをどうやって増やすかということがあります。ショッピングでしたらいいものがあれば何度でも来たいと思いますが、社寺の観光などは一回見ればいいやという方がほとんどだと思いますので。いかにして「何度も来たい!」と思わせるのかがカギですね!

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

おだいら矯正歯科は1週間の夏季休暇が終わり、本日より診療を再開しております。毎年夏季休暇と冬期休暇、そしてゴールデンウィークは緊急の場合のみ私の携帯に電話がつながるようになっているのですが、今回は装置が外れてしまった方が一人、旅行に行くのにリテーナーを持って行くのを忘れてしまい2日間どうしたらよいかという方が一人、プールで前歯をぶつけて出血された方が一人と合計3人の患者さんから電話があり、対処法をご説明しました。

休みも1週間ほどあると毎回1、2名の患者さんから電話がありますが今回は3件でしたのでちょっと多い方かなと・・・反省です。

今回小平一家の団体旅行は千葉県館山市へ海水浴旅行でした。例年のごとく私の家族、両親、妹家族、弟家族の総勢16名です。

今回の宿泊先は「館山シーサイドホテル」でした。

 

IMG_0342.jpg

 

かなり年期の入ったホテルでしたが、海の目の前ですし、プールも温泉大浴場もありますので子供たちは大はしゃぎでした!

ただ、残念なのは2日目、3日目が雨に降られたことでしょうか。

まあ、それでも雨の合間を縫っていろいろと楽しんでいました!

 

IMG_0343.jpg

 

小平家の旅行も子供が大きくなるにつれ、うまく日程が合わなくなってきています。大人は問題ないのですが、子供達が塾だ、部活だと学年が上がるごとに忙しくなっています。特に一番上の甥っ子は中学生ですので・・・

1年に一回ですので、できるだけ続けられるといいのですが、さてあと何年このメンバーで行けるでしょうか。

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

夏真っ盛りの先週、宇都宮市内の知り合いの先生方と「北海道弾丸ツアー」に行ってまいりました。

スケジュールは5日午前2時起床、3時自宅出発、3時半宇都宮駅前から貸し切りバスにて羽田空港へ、7時羽田空港発で8時半新千歳空港到着、10時からシャムロックGCにてプレー、その後ジャンボタクシーにて札幌市に移動し午後5時半にホテルチェックイン、6時から懇親会その後2次会3次会、日付が変わって翌6日5時起床、朝食をとり6時ホテルをチェックアウトしジャンボタクシーにて移動、7時半かた札幌GC輪厚コースにてプレーし、その後空港へ移動、午後4時発の飛行機に乗り羽田空港に5時半着、貸し切りバスにて宇都宮駅へ。

結局帰りの道中が夏休みのためか渋滞しており宇都宮駅に着いたのが午後9時半でした(汗)

結構ハードじゃないですか?

とても中身が濃い、充実したツアーでした!

 

IMG_0337.jpg

 

さて、話は変わりますが、おだいら矯正歯科も明日から夏季休暇に入ります。

8月12日(水)から18日(火)までの1週間お休みをいただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

ちなみに今年の小平家の旅行は館山です。

またこちらのブログでご報告いたします!

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

先日の1日、2日は恒例のふるさと宮まつりでしたね、私も2日の日曜日家族で行ってまいりました。

 

1.jpg

 

日光市から宇都宮市に移り住んで早10年、いつも思いますが、例えば全国区となった宇都宮餃子の例に限らず、宮っこ(宇都宮市民はこう呼ばれております。)は、いろいろなアイデアを出す発想力とそれを行動に移す実行力に大変優れていると思います。そんなアクティブな街である宇都宮市で最大級のイベントと言えば、「ふるさと宮まつり」です。

公式サイトによれば、第1回が開催されたのが今から約40年前の1976年ですので、他の地域の伝統的な祭りに比べて決してその歴史は古いものではありません。にもかかわらず毎年延べ2万2千人の参加者と55万人にも及ぶ観客が訪れるような大イベントになっているのは、アクティブでクリエイティブな宮っこが一丸となって盛り上げているからだと思います。

今年も8月1日(土)2日(日)に例年通り本町交差点から上河原交差点にかけて大通りが封鎖され、メインポイントである二荒山神社前を中心に多くの人で賑わっていました。

 

3.jpg

4.jpg

 

イベントも毎年盛りだくさんで、昼は昨年まで私の息子も参加しておりました、宇都宮市内の未就学児によるお遊戯会「宮っこパレード」や、小学生から社会人までのマーティンググループによるパレード、15団体による和太鼓の演奏などがあります。また、夜になりますと歩行者天国と化した大通りを90基もの各町自慢の神輿を担いだ宮っこと、その見物客で、この2日間は大通りとさらに並行しているオリオン通りは、まっすぐ歩けないぐらいの黒山の人だかりであふれ、おおいに盛り上がります。

 

5.jpg

 

今年は1日目土曜日が夜でも30度は超える熱帯夜でしたが、2日目はタイミングよく降った夕立のおかげでとても過ごしやすい夜で、神輿や屋台、そして大好きな生ビールを満喫してきました。

日光市清滝出身の私は小さいころの祭りと言ったら日光和楽踊りで、その前日夜は興奮でなかなか寝付けないような、1年で一番楽しみな日でしたが、今では2日間開催が1日開催になり、時間も19時から22時までだったのが21時までに短縮され、踊る人、見物客もずいぶん減ってきているようです。

そんな私にとって毎年盛会のふるさと宮まつりは、とてもうらやましい存在です。

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ