2015年7月アーカイブ

後悔

| | コメント(2) | トラックバック(0)

このブログでは自分の感情はあまり書かないようにしております。ただ、今回はここに書くことで自分の気持ちに整理がつくのではないかと思い、数日迷っていましたが結局書くことにしました。

 

先日、私が大学1年生のころからずっとお世話になっていましたゴルフ部の先輩が急逝されました。私が大学1年の時に大学を卒業され口腔外科の助手になっていましたので、学生時代はかぶっていません。にもかかわらず本当にかわいがっていただきました。

毎週のようにある飲み会はもちろんのこと、バーベキューや温泉旅行、スキー、野球観戦など学生時代はよく遊んでいただき、日光の田舎から出てきた私にとって、まさに「大人」な方でした。また、飲み会では先輩後輩の礼儀や飲み方の作法を教わりつつも、本当に楽しく笑ってばかりの宴でした。私は学生時代あだ名を小平の平の一文字をとり「ペーちゃん」と呼ばれていましたが、そのあだ名を付けてくれたのもこの先輩です。

 

大学卒業後も酔っぱらってはお電話をいただきました。宇都宮におだいら矯正歯科を開院したときも、仕事で大忙しなのに、わざわざ遊びに来てくださり「お前なら大丈夫だからがんばれよ!」と言っていただきました。今の家内と婚前旅行でハワイに行った時も一緒に食事をして「ぺーちゃんいい子見つけて本当によかったな!」と言っていただきました。

初めて出会ってからのいらいろと思い出してみましたが、楽しかったことしか浮かんできません。

 

そんな先輩が7月13日くも膜下出血で急逝されました。あんなに元気だったのに。早すぎます。

 

ここ数年はいつでも会えると思いつつ、すっかりご無沙汰してしまい、それが心残りで、なんで会えるときに会わなかったのか、本当に本当に後悔しております。

 

葬儀は、明るくそして人の悪口を言わない先輩の人柄と、どこでも輪の中心にいる顔の広さで、ものすごい数の参列者でした。そんな葬儀ですので大学卒業以来の再会も多くありました。先輩が引き合わせてくれたのだと思います。

 

私の座右の銘にもなっている、以前何かのテレビ番組で観た、インディアンのことわざがあります。曰く「人間は生まれてくるときは自分だけ泣いているけど、周りの人たちは皆笑って迎えてくれる。だから死ぬときは周りの人たちが皆泣いて、自分だけが笑って死ねる人生を送りなさい。」という言葉です。

まさにこのことわざ通りの、あっという間にいなくなり周りの人が皆泣いている葬儀でした。

 

これからも大学時代の先輩や同級生に「ペーちゃん」と呼ばれるたびに先輩のこと、思い出します。

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

先日ネットを徘徊していましたらこんな記事を見つけました。

 

大人になっても、何かとお世話になる歯医者。できれば「うまい歯医者」を見つけたいが、残念ながら"素人"には見分けがつかない。そこで医療ジャーナリストの田辺氏に、「うまい歯医者」を見極める判断材料を挙げてもらった。
〈うまい歯医者を見極める9ポイント〉
1)クリニックに歯科医が2人以上いる
2)クリニックに歯科衛生士がいる
3)大学病院や大きなクリニックでの勤務経験が数年ある
4)学会・研究会で診療を休んだりすることがある
5)セカンドオピニオンを希望したときに了承してくれる
6)専門分野を明確に打ち出している
7)歯をできるだけ抜かずに治療する
8)地元(出身地)で開業している
9)わからない部分は、もう一度ていねいに説明してくれる
もちろん、これに当てはまらない「うまい歯医者」もいる。ただ、このチェックリストに多数当てはま れば、「うまい歯医者」である可能性が高い。まずは(1)と(2)について、田辺氏は理由をこう説明する。「クリニックの中には、歯科医が1人しかいないところが多い。歯科衛生士については、1人もいないケースもあります。ただ、そういう環境では、治療法などについて他のスタッフが歯科医に口を出すことがないため、歯科医が自分の見識を見直したり、技術を磨きあったりする機会が生まれにくいもの。歯科医が複数いるか、あるいは、同じく専門知識を持った歯科衛生士のいる環境の方が、より安心でしょうね」(3)や(4)も同じ理由で、大きな組織で数年間働いたり、学会などに出ていたりすれば、そこでいろいろな人の技術を吸収できる。また、(5)のセカンドオピニオンの提案を嫌がる場合は、自分の技術や見識に自信がないとも考えられる。(6)の理由については、「歯医者といってもその治療の幅は、虫歯治療から義歯、インプラントから審美歯科(歯を美しく見せるもの)まで様々。各分野で必要な技術は異なるので、専門分野をはっきり出していることが大切」と田辺氏。(7)は、「歯をできるだけ抜かないのが、現代の虫歯治療」とのことで、それに逆行するのは疑問符がつくようだ。一見、技術とは関係ないように思える(8)については、「地元(出身地)で開業している歯医者は、そこにずっと居続ける可能性が高い。患者とは一生の付き合いになるので、きちんとした治療ができないとやっていけません」と田辺氏は指摘する。なお、ここで挙げたリストのうち、治療行為に関する項目は(7)だけ。「たとえ治療がスムーズに終わっても、必要以上に歯を削られていたり、不用意に抜歯されていたりするケースもある。一般の人が治療行為から"うまい歯医者かどうか"を判断するのは困難」(田辺氏)とその意図を語る。あくまで参考ではあるが、もし歯医者選びに迷ったら、このチェックリストをひとつの判断材料にしてみてはいかがだろうか。

 

元記事はこちら 「うまい歯医者」の見極め9箇条

 

確かに言っていることはおおよそ的を射ているように思います。そこでおだいら矯正歯科がどのぐらいこのチェックリストに当てはまっているかチェックしてみました。

 

(1)      クリニックに歯科医が2人以上いる

2人います。
2)クリニックに歯科衛生士がいる

4人います
3)大学病院や大きなクリニックでの勤務経験が数年ある

卒業後大学病院に2年、とても大きなクリニックに5年3か月いました。
4)学会・研究会で診療を休んだりすることがある

年に数回あります。(その際はいつもご迷惑をおかけしております。)
5)セカンドオピニオンを希望したときに了承してくれる

もちろん了承しています。是非他の先生の意見を伺ってみてください。
6)専門分野を明確に打ち出している

矯正歯科専門です。
7)歯をできるだけ抜かずに治療する

これに関しては極力抜かない方向での治療方針を考えますが、抜かなければ治らない患者さんももちろんいらっしゃいますので、必要があれば抜歯します。うちですと抜かないで治す患者さんは子供の場合5割くらいではないでしょうか。
8)地元(出身地)で開業している

地元栃木県です。
9)わからない部分は、もう一度ていねいに説明してくれる

そのように心がけております。


改めてチェックしてみますと、結構当てはまっています!

自分で自分をいい歯医者と言うつもりはありませんが(笑)

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

最近のブログ記事

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ