2015年3月アーカイブ

かやぶきの宿

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

おだいら家はすっかり春休みモードです。先日は祝日を利用して群馬県は川場温泉にあります川場温泉かやぶきの源泉湯宿悠湯里庵(ゆとりあん)に行ってまいりました。

女房の誕生日が3月なのでそのお祝いを兼ねた小旅行です。

初めての宿泊でしたが、かなり敷地が広い!なにせフロントから部屋まではゴルフ場によくある電動カートとモノレールを利用します。子供たちは大喜びです。

 

IMG_0103.jpg

 

一部屋一部屋もかなり広く4人家族でも充分くつろげますし、窓から眺める景色ものどかな田園風景が広がり、景色を眺めているだけで、かなりリフレッシュできました。

 

IMG_0093.jpg

IMG_0097.jpg

 

また、ここのオーナーは骨董品収集が趣味だそうで、展示室にはもちろんのこと各部屋や連絡通路、モノレールのトンネル内にまで日本の価値がある骨董品が並べてあります。

 

IMG_0105.jpg

 

ちなみに写真はモノレールから撮った絵画で江戸時代に描かれたものだそうです。

案内役の方曰く、「骨董品の総額でこの旅館を2館建てられる。」そうです。

子供たちには「頼むから触らないでくれ」と懇願しておりました(笑)

 

スキー場も近くにあるみたいですし、自宅から車で2時間かからない距離でしたので、また機会があれば利用したいと思います。

スーツ月間

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、年度末の3月はいろいろな行事があります。忙しさで言えば年末の忘年会シーズンに匹敵するのではないでしょうか。

また、何かとスーツを着る機会が多いのもこの月の行事の特徴です。普段は白衣なのでスーツはほとんど着ないのですが・・・

そんなわけで3月の前半戦だけでも4回スーツを着ましたので、ここまでさぼって書いていなかった分、本日アップします。

 

まず7日に神奈川歯科大学同窓会栃木県支部総会及び学術講演会がホテルニューイタヤでありました。

 

IMG_0033.jpg

 

今回の講演は神奈川歯科大学公衆衛生学講座准教授であられます木本一成先生によります「健康日本21 「歯、口腔の健康」目標達成のための学校歯科保健戦略」と題した講演がありました。

学生の頃は公衆衛生の授業って、他の科目に比べてあまり身近ではなかったのでいまいちピンとこなかったですし、正直かなり退屈な授業でしたが、いざ地方都市に開業してみますと、このような話は大変勉強になりました。

こういった講座に残られている先生は地道なデータの蓄積が大変なんだろうなと本当に思います。

 

その後2回目のスーツデーは39日に行われました、「栃木日光アイスバックススポンサーパーティー」です。

今年のアイスバックスはアジアリーグでは不本意な成績でしたが、なにせアイスバックス創設以来初の全日本選手権優勝という大きな出来事がありました。

 

IMG_0039.jpg

 

パーティーにはその優勝カップとMVPに輝いた上野選手の記念の盾が飾られていました。

 

IMG_0034.jpg

 

是非来年はアジアリーグでいい成績を残してほしいものです。

 

3回目のスーツ着用は314日のホワイトデーに神奈川歯科大学ゴルフ部OB会総会及び懇親会です。会場は例年通り東京駅周辺の居酒屋「番屋」です。

診療終了後速攻で着替えて新幹線に飛び乗り、東京駅に向かいました。東京駅に着いたところ普段見ない人だかりが。

みんな新幹線の発車掲示板を写真撮影していますので、ちられて私も撮ってしまいました。

 

IMG_0082.jpg

 

ああ、こういうことなんですね。この日が開通日だとニュースでも大きく取り上げていました。

 

IMG_0083.jpg

 

そんな写真を撮っていたのにOB会での凛々しいスーツ姿の写真を撮影し忘れてしまいました。残念。

 

翌日315日は4回目、息子の卒園式です。特にプライベートでスーツを着る機会はあまりありませんが、この日は着ないわけにはいきません!

 

気が付けば3月も下旬ですね。今後も宇都宮市歯科医師会の臨時代議員会や27年度宇都宮市歯科衛生士専門学校の打ち合わせ会など、いくつかスーツを着る機会が残っています。

 

それが終わったらクリーニングですね(汗)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

あの東日本大震災から今日で4年が経ちました。いまだに復興途上で、特に福島の原発は収束のめどがたたず、宇都宮市にも周辺地域から避難されているかたが多くいらっしゃいます。先日実家の日光市に帰省したところ、中禅寺湖付近はいまだに放射線量が基準値を超えているそうで、中禅寺湖のニジマスは出荷禁止(自分で釣ったものも持ち帰りできないよう監視されているみたいです。)日光の野生の鹿を使った鹿肉料理も放射線量が高く出荷禁止、そのため狩猟ができず鹿が増えてしまい、獣害がかなり深刻なようです。

 

5fcc1294bf794fcb9bc2310062fae9d0_l[1].jpg

 

いつになったら収束するのか・・・

 

私も矯正歯科医として今後もできる限りのことは協力するつもりですし、忘れず、風化させないようにしていきたいと思います。

所属しております団体、日本臨床矯正歯科医会でも引き続き被災者支援事業を行っております。詳しくはホームページをご覧ください。

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市のおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

早いもので今年ももう3月です。なんか年をとってからの方が月日が流れるのが早いですね。早くあったかくならないですかねぇ。

さて、最近まったく矯正歯科治療の話をしていませんでしたので、たまにはこんなネタを。

部分矯正というのは問題がある歯及びその付近の数本の歯にのみ装置を付けてその部分の問題だけを解決する方法です。

以前からメールでの無料矯正相談で「部分矯正で治せますか?」みたいな質問がたまにあるんですよね。

もちろん一部だけしか装置を付けなければ違和感や矯正による痛みも少ないですし、費用も抑えることができます。

ただ、成人矯正において部分矯正で治療できるケースは本当に限られています。

皆さんも想像してみてください。例えば上の前歯の出っ歯を治す場合、前歯を奥に引っ込めるためにはその歯を奥へ引っ張るための装置が奥歯に必要になりますし、前歯2本だけ下げるわけにはいかないのでその隣の歯も奥へ、またその隣の歯も奥へと考えていくと結局全部の歯に付けることになります。また、下の歯に関しても矯正の一番の目的は「かみ合わせ」を治すことですので、上がきれいに並んでいても下の歯並びが悪ければ咬みませんし、上の歯を移動して並べたところに咬ませていく治療が必要になります。これは出っ歯だけではなくてでこぼこを治す場合も同じことです。

う?ん、書いていても文章だとちょっとわかりづらいですね。要するに「大人の患者さんの場合、自分が気になるような問題点のほとんどは部分矯正だけでは治らない。」ということです。

 

当院では部分矯正で治療する患者さんは以下のどれかになります。

 

1:子供の準備矯正

2:以前矯正歯科治療をやった後戻り症例(後戻りの程度によります。)

3:ブリッジ、入れ歯、インプラント等補綴処置を行う際の前処置として、一般歯科の先生から依頼があった場合。

 

逆に上記以外の場合は、基本的に部分矯正では治療できないと思ってください。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ