2012年10月アーカイブ

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

先日、厚生労働省から医療関係のホームページのガイドラインができたので、このガイドラインに従ってくださいとのお達しが全国の医療機関に送られてきました。

多くの患者さんはいざ歯科医院にいざ行こうとしたとき、どこの歯科医院に行くのか、ネットで検索すると思います。ただ、現状ではホームページに関しては医療機関に対する広告の規制がなく、様々な情報が錯乱している状態です。また、医療機関であるにも関わらず集客ならぬ集患を目的に大々的に広告を掲げているホームページも散見されます。

そこで今回のガイドライン作成となったのですが、いい機会ですので、当医院のホームページがこのガイドラインに沿ったものか確認してみました。

 

「医療機関HP内容の適切なあり方に関する指針(医療機関HPガイドライン)」概要

本ガイドラインは、自由診療を行う医療機関HPの情報を契機として発生するトラブルに対して、適切な対応が求められる事態を踏まえ、法の規制対象と見なさないものの、ネット上の医療機関HPに関する規範を定め、関係団体等による自主的な取組を促すものとされております。対象はネット上医療機関HP全般です。個人で開設するブログ等の内容は対象としていませんが、患者を不当に誘引することがないよう十分にご注意下さい。なお、ネット上のバナー広告、検索サイトの運営会社に費用を支払うことにより上位に表示される検索結果のようなネット上の情報については、従来どおり、?誘因性、?特定性?認知性のいずれの要件も満たす場合は、法の規制対象となる広告として取り扱うとされております。重ねてご注意下さい。

< HPに掲載すべきでない事項  >

(1)内容が虚偽にわたる、又は客観的事実であることを証明することができないも

     の(例)・「どんなに難しい症例でも必ず成功します」

     ・「当院は、○○研究所を併設しています」(研究の実態がないもの)

(2)他との比較等により自らの優良性を示そうとするもの

(例)・「○○の治療では、日本有数の実績を有する病院です」

 ・「著名人も○○医師を推薦しています」

(3)内容が誇大なもの又は医療機関にとって都合が良い情報等の過度な強調

? 任意の専門資格、施設認定の誇張又は過度な強調

(例)・「○○学会認定医」(活動実態のない団体による認定)

   ・「○○センター」(医療機関の名称又は医療機関の名称と併記して掲載

       される名称)

?     手術、処置等の効果・有効性を強調するもの

? 医療機関にとって便益を与える体験談の強調

? 提供される医療の内容とは直接関係ない事項による誘引

(例)・「無料相談をされた方全員に○○をプレゼント」

(4)早急な受診を過度にあおる表現又は費用の過度な強調

     (例)「ただいまキャンペーンを実施中」「期間限定で○○療法を50%オフで提

          供しています」

(5)科学的な根拠が乏しい情報に基づき、国民・患者の不安を過度にあおるなどして、医療機関への受診や特定の手術・処置等の実施を不当に誘導するもの

        ア)特定の症状に関するリスクを強調することにより、医療機関への受診を誘導

 するもの(例)「○○の症状のある二人に一人が○○のリスクがあります」

イ)特定の手術・処置等の有効性を強調することにより、有効性が高いと称する手術等の実施へ誘導するもの(例)・「○○手術は効果が高く、おすすめです。」

ウ)特定の手術・処置等のリスクを強調することにより、リスクが高いと称する手術等以外のものへ誘導するもの(例)・「○○手術は効果が乏しく、リスクも高いので、新たに開発された○○手術をおすすめします」

(6)公序良俗に反するもの

(7)医療法以外の法令で禁止されるもの

?薬事法(昭和35年法律第145号)?健康増進法(平成14年法律第103号)?不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)?不正競争防止法(平成5年法律第47号)

 

< HPに掲載すべき事項  >

(1)通常必要とされる治療内容、費用等に関する事項

通常の治療内容、平均的な費用もしくは治療の最低金額から最高金額までの範囲、平均的治療期間・回数を可能な限り分かりやすく掲載すること。

(2)治療等のリスク、副作用等に関する事項

    国民・患者が医療を適切に選択できるよう、リスクや副作用についても、閲覧する者にとって分かりやすく掲載すること。

 

当院のホームページは、上記のほとんどの項目をクリアーしていますが、変更するとすれば唯一、治療等のリスクが詳しく書かれていないところでしょうか。早速作成したいと思います。上記のガイドラインの詳細につきましては厚生労働省のこちらのページで確認できます。

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。ほんとに10月なのにこの暑さは異常ですね!

 

さて、先日うちのスタッフにサプライズで誕生会をやっていただきました。

毎年やっていただいているのですが、(サプライズじゃないですね(汗))今回も盛大に祝っていただきました。

今年は数か月前に新規オープンした中華料理店「チャイナダイニング 蓮花茶廊(レンゲサロウ)」です。

院長思いのスタッフからフルコース&飲み放題を御馳走いただきました。

 

DSC01278.jpg

 

飲み放題とはさすが院長のことをよくわかってます(笑)

紹興酒がぶ飲みで、すっかり酔っぱらいました。5年、8年、10年物の紹興酒の飲み比べをしましたが、まったく違いがわかりませんでした(汗)

ちなみに誕生日は1027日です。それまではプレゼント受け付けております(笑)

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

昨日は休診日でしたが、野暮用があり昼過ぎにオフィスにきておりました。

ふと空を眺めますとこんなものが。。。

 

DSC_0025.jpg

 

仕事がある日は午前9時に医院に来てから、午後9時近くに医院を出るまでの約12時間、一度も屋内からでないのが日常です。そのため、虹を見たのも久しぶりのような気がします。

意味もなく拝んでしまいました。

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

前回のこの話よりも前の話題になりますが、9月末に岩手県盛岡市で開催された71回日本矯正歯科学会に参加してきました。

 

DSC01264.jpg

 

矯正歯科がらみでは日本で一番大きな大会で、数千人規模の人が集まります。

そのため会場の大きさやホテルの数の関係から、東北で開催される場合は仙台市が多かったのですが、今回は岩手医科大学が主幹であることと、おそらく震災復興の願いを込めるという意味合いもあり盛岡開催になったのではないかと思います。

今回の学会では講演やポスター発表をチェックするのはもちろんですが、それ以外に来年受験予定の認定医を、今年取得された先生方がどのような症例を出しているのか確認してきました。10症例の課題を出さなければいけないのですが、取得された先生方の症例を確認して、来年の認定医取得にむけ、かなりモチベーションが上がってまいりました。

また、どの学会でもそうですが、参加する多くの先生方は大会会場に併設されている商社展示会場に足を運びます。

数十社におよぶ歯科材料店がブースを出展しているのですが、どの会社でも新商品を中心とした矯正装置や材料が所狭しに陳列されております。

ここで新商品の中に今後の治療に役立つ商品はないか探したり、足りなくなってきた従来の商品を購入したりしています。

今回も知り合いの先生から聞いた、矯正歯科治療のお役立ち商品がありましたので、いくつか購入してきました。早速今後の治療に使ってみたいと思います。

 

さて、お勉強ももちろん大事ですが、地方で開催される学会の楽しみは何と言っても地元の名物料理を食べることです。今回も盛岡の3台名物麺である。「わんこそば」「盛岡冷麺」「じゃじゃ麺」すべていただいてまいりました。

個人的には「盛岡冷麺」が一番好みです。まあ「わんこそば」はある意味イベントのような食べ物ですので、それはそれで楽しかったです。ちなみに記録は60杯でした!15杯でかけそば1杯分だそうですので、4杯分になります。まあまあでしょうか。

 

DSC01263.jpg

 

皆さんお久しぶりでございます、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長の小平です。

 

本日10月1日でおだいら矯正歯科を宇都宮市宝木町にオープンし、9年が経ちました。この時期に毎年書いておりますが本当に1年がたつのはあっという間です。特に年を取ってからは余計にそれを感じます。

また、このブログも始めたのが2008年の10月ですので4年間続いたことになります。文章を書くことが苦手ですので、始めたころはいつまで続けられるか自分でもわかりませんでしたが、気が付けば記事は130件にもなっています。飽きっぽい私がよく続いたなと思います。たまにさぼっているのがいいのかもしれませんね(汗)。

今後も無理のないペースで、細く長く続けていきたいと思いますので、たまに覘いていただければありがたいです。

 

さて、話は変わりますが昨日は子供たちの運動会に参加してきました。

DSC_0010.jpg

現在幼稚園の年長組と年少組なのですが、このようなイベントがあると毎日見ている子供たちの違う一面がみられ、普段以上に成長を実感します。

特に長女は来年小学生になるのですが、超がつく恥ずかしがり屋で年少組、年中組の時はお遊戯など、まったく動かず静止画の様で、かけっこも先生に手をつないでもらって無理やり走っている様な状態でしたが、今回はびっくりするぐらい上手に組体操やソーラン節を踊っておりました。

実は私も小さいころは恥ずかしがり屋でお遊戯などはほとんどできない子供でしたので、(私の性格の遺伝だと思います。)気持ちはよくわかるのですが、昨年の静止画のような状況から、よく今回はあれだけ踊れるようになったと思います。

踊りができないわけではなく、恥ずかしくて踊れないだけですからやれば上手に踊れるのですが、そのために彼女は今回相当の勇気を振り絞ったのではないかと思います。

障害物競走でスタートの時点で転びながらも、泣きながら最後まで一人で走っている姿を見て、涙がながれてしまいました。

楽しい、感動的な運動会でした。

 

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ