2011年11月アーカイブ

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

すっかり更新をさぼり、ネタは先週の話になります。

お題目の通りおだいら矯正歯科スタッフで慰安旅行に行って参りました。

今年はできるだけ日本でお金を落とそうと、行き先は南九州の宮崎県宮崎市、鹿児島県指宿市に行って参りました。

私個人として宮崎県は2回目、鹿児島県に行くのは初めてです。

 

朝早く宇都宮を出発しお昼には宮崎県に到着し、レンタカーを借りてドライブがてら海沿いの食堂でウエルカムパーティー、ビール片手に近海で取れた海の幸のバーベキューで舌鼓を打ちました。

 

 

DSC01033.jpg

 

その後フェニックスシーガイアリゾートにチェックインし2泊過ごしました。

 

これまで開業した年からかかさずこの時期に慰安旅行に行っていますが、この慰安旅行はただ遊ぶだけではありません。

夕食前の時間に全員集合してミーティングを開きます。

ここで、おだいら矯正歯科で今後改善した方が良い点、これから新たにやった方が良い点、将来の計画など、スタッフ各自が2点ずつ考えてきた問題点を発表しそれについての解決策や、実際にどのように開始していくかなどを話し合っていきます。

今回も遅刻してきた患者さんへの対策などの具体的な内容から、この先どのくらいのスタッフが必要かなど将来的な展望までいろいろな事を話し合うことが出来ました。

 

さて、宮崎県の後は鹿児島県の指宿市へ向かいました。

 

 

DSC01039.jpg

 

ここでのお楽しみはなんといっても「砂風呂」です。

が、3時間以上かけて行ったにもかかわらず、熱さに我慢できない私は10分程であえなく終了いたしました(汗)

 

3泊4日の旅行でしたが、とても楽しくまた、今後のおだいら矯正歯科について、スタッフとゆっくり話が出来るいい機会でした。

今回のミーティングで決まった事は早速実行していきたいと思います。

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

ここのところ、おだいら矯正歯科内をちょっとだけイメチェンしています。

まずは、受付、新しくテレビを設置しました。

 

DSC01025.jpg

 

ここで矯正歯科に関してのビデオや、連れ添いの小さいお子様用のアニメを流したり、また震災や台風等緊急の事態が起こった際には、患者さんの情報のツールとしてご利用いただくようにしていきます。

 

待合室ではもう一つ、テーブルを新しく購入しました。

 

DSC01024.jpg

 

奥にあるのが今まで使っていたテーブルですが、開業当時でまったくお金が無く、みかねた大工さんが2つの箱をネジで留めて作ってくれた物です。

開業当初からずっと使ってきましたが、ずいぶん古くなりましたので、捨てようと思ったのですが、そんな思い出もあり捨てられずに新しいテーブルの横に並んでおります...

 

また診療室は、一番奥の治療用イスの色を黒に変えました。

 

DSC01026.jpg

 

昔からいらしている患者さんはご存じの方もいらっしゃると思いますが、以前もこの色を使用しておりました。

当医院の治療用イスはシートの部分を自由に付け替えができるので、久々に黒のシートを引っ張り出して着けました。

 

どれもちょっとしたイメチェンですが、雰囲気変わりますね。

 

 

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

さて、一昨日の休診日は第4回オーラルバイオ1Dayセミナーに参加して参りました。

今回は「矯正臨床に関わる歯周病学的背景」と題し、矯正専門の先生以外に歯周病学でご高名な児玉先生神奈川歯科大学口腔外科学の臨床教授であられる小林先生による講演がありました。

毎回このセミナーはいろいろと勉強になることが多いのですが、その中でも特に今回の内容は今私が一番疑問に思っていて、一番知りたかった内容で、とても有意義な勉強会でした。

 

この勉強会の特徴は、まず、毎回勉強する内容がいままでどのように考えられ、現在の主流の考え方がどのようなものかを、その研究結果の論文を引用しながら説明があり、その後に矯正歯科医が疑問に思っていること、こうなんじゃないかと思っていることを、症例を交えながらの説明があります。

それで午前中一杯の時間が使われ、午後から歯周組織の基本構造、特に歯根膜が生物学的になぜ発生したか、その必要性や動かす方向によって歯根膜がある場合、どこにどのように応力がかかっているのかなど、生物学的、組織学的、そして力学的な面からそれこそ頭が痛くなるほど教えていただきました(汗)

 

それらを理解した上で、なぜ矯正歯科治療後に後戻りが起きるのか?もちろん悪習癖等様々な原因があると思いますが、それ以外の組織学的になぜ後戻りするのか、特に私が最近疑問に思っていた点がクリアーになりました。

また、臨床的にもそれではどのくらいの期間保定はするべきなのか?戻らないためには何をすればよいのか?等お話を聞いて目から鱗が落ちる思いでした。

最後に歯周病学と矯正歯科との関わりや、咬合調整の重要性やどこをどう咬合調整したらよいのかなど、これまたとても実になる講演を拝聴しました。

 

セミナーはよく聞きに行きますが、中には「この内容でこの金額か...」と思うセミナーもしばしばあります。しかしオーラルバイオセミナーはほとんどが自分の実になる勉強会です。早速本日から実践できるように準備していきたいです。

 

DSC01022.jpg

 

DSC01023.jpg

 

 

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ