2011年9月アーカイブ

皆さんこんにちは、最近椅子に座らないと靴下がはけない「おだいら矯正歯科」院長の小平です。

 

おだいら矯正歯科は10月1日をもちまして、開業して丸8年になります。

 

これまでいろいろとありましたが、あっという間の8年間でした。

さて、表題の話ですが、一昨年前くらいからでしょうか、40歳という節目を感じた頃から、これからの人生(生き方)に関していろいろと考えるようになってしまいました。

実は、おだいら矯正歯科とともに私も来月が誕生日で、41歳になりますが、人生80年と考えるともうすでに折り返し地点を過ぎたことになります。

これまでの40年を振り返ると楽しいことが多かったからでしょうか、本当にあっという間でした。また毎年大晦日には「今年もあっという間に終わったな」と必ず思っています。

こんなにすぐに終わってしまった40年と同じ年しか残りの人生が私に残っていないと思うと、また残りの40年は「今年もあっという間に終わったな...」が40回で終わってしまうと思うととても切ない気持ちになります。

また、そのように考えると残りの人生で何をすべきか、また悔いが残らぬよう有効に使わなければとあせってしまうのです。

よく「明日交通事故で死ぬかもしれないのだから、今を楽しく生きよう」とか「今を自分らしく生きよう」という言葉を聞きますが、私の場合こういった言葉にはあまり実感が湧きません。突然死ぬ確立はかなり少ないですし、自分が急にぽっくり死ぬイメージがまったく湧かないからです。

でも人間の人生の平均が80年ということと、それぐらいで亡くなった親族や知り合いを多く見てきたこと、そして自分自身が実際にその40年間という経験を積んできたことによって、残り人生が40年しかないと考える方が私にはイメージが湧きます。

 

ちょっとこの考え方はネガティブすぎるでしょうか、なにせ40年後の自分の死を意識しながら生きているわけですから...

ただそのように考えているからか、自分から死のうと思ったことは一度もありませんし、これからも無いと思います。

 

なんか今回に限り、重めの話になってしまいましたね...

 

そんな風に考えていますので、何より時間の浪費は当然のごとくもったいないと思いますし、仕事中も遊んでいるときも「どのようにしたらより短い時間でたくさん事をやれるか。(遊べるか)」とか「どのルートでどの手順でやればたくさんのことを効率的に出来るか。」を考えながら日々過ごしていますし、1日1日にやり残すことがないよう、悔いが残らないように過ごしたいと思っています。

私の人生、あと40年しかありません。できるだけ有効に使おうと思います。

 

今回おだいら矯正歯科が8周年を迎え、改めて決意表明?する院長でした。

 

秋の信州合宿

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月に入ったというのに暑い日が続きますね...

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

さて、6日火曜日から2泊3日で信州は妙高高原の赤倉観光ホテルにて開催された勉強会に参加してきました。

 

DSC00989.jpg

 

今回の勉強会は私の母校でもある神奈川歯科大学の矯正歯科学教室出身の先生方で毎年開催されている矯正歯科に関するあらゆる勉強をする会です。

今回も火曜日夜に到着、水曜日午前中に高原を散策しその後、午後から7時間、木曜日朝8時から5時間の合計12時間、みっちり勉強して参りました。

今回宿泊した赤倉観光ホテルですが、部屋も温泉もすばらしく、またホテルから見える景色が絶景で、勉強のオーバーワークでショートしそうな頭を癒していただきました。今度は勉強会ではなく、ゆっくりと保養で行きたいと思います。

 

DSC00984.jpg

 

DSC00981.jpg

 

さて、勉強会ですが一人一つは発表が義務づけられているため、私も発表しました。

今回はどうもうまく言いたいことが伝えられず、何が言いたいのかわからない発表になってしまいました。

1時間の発表でしたが、もう少し内容を整理して話さなければと反省しております...

 

 

息子の初登園

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、9月に入りました。

9月は日本代表のW杯3次予選、U22のオリンピック予選、女子代表のオリンピック予選、そしてUEFA杯が始まります。興奮すること間違いなし!そして家族に引かれること間違いなし?の、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

さて、うちの娘が通っている幼稚園には「満3歳児クラス」があります。

3歳になる月に入園できるクラスで、今月9月に3歳になりますうちの息子が昨日初登園して参りました。

たまたま昨日は休診日でしたので1日中、息子の様子を見ていました。

はじめてお母さんのもとから離れるわけですから、当然不安そうでしたし、未知の世界に飛び込むわけですから子どもなりの緊張があるのでしょう、最初は小声で「やっぱり行かない」を連呼していましたが、登園時間になるとお姉ちゃんに手をとられながら、母親の送りで出かけていきました。

その後、号泣しながら帰ってきた女房(笑)と久々に夫婦二人きりでぶらぶらして時間をつぶした後、一緒に迎えに行きましたが、ここでも姉に手を取られ、おとなしくお迎えを待っていました。

 

親から見てもかなりの泣き虫だった我が子が、この日は一度も泣かず、達成感に満ちた顔で幼稚園のことを話しておりました。毎日見ていると気がつきませんが日々成長しているんですね...

 

どちらかというと両親の方が子離れしていないみたいです...

 

DSC00957.jpg

忘れ物ないかな、がんばるぞ の図

 

 

DSC00955.jpg

でもやっぱりつらすぎる の図

 

 

DSC00958.jpg

でも、がんばって行ってくるぞ!!! の図

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ