2011年5月アーカイブ

常勤ドクター

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

すっかり書くのを忘れていましたが、4月よりおだいら矯正歯科に常勤のドクター「岩本先生」が新たに加わりました。

 

新たに加わったと言っても、これまで4年間ほど月に2回、日曜日に手伝いに来てもらっていましたので、おだいら矯正歯科の「システム」や「方針」、「物のありか」などはすべてわかっており、全く問題なくおだいら矯正歯科の一員として働いてもらっています。

 

先生の経歴は、私の母校でもある神奈川歯科大学卒業後、同大学の矯正学教室に残り、その後大学院も卒業されています。

もちろん大学院を出ているのでもちろん博士号も取得している偉?い先生なのです。

そのような先生が、なぜか宇都宮という全く土地勘のない田舎の(先生は九州出身です。)学位も持たない一矯正歯科開業医に就職を希望され、めでたく4月から常勤で来ていただくことになりました。

 

月二回日曜日に手伝いに来ている際に、うちでも何か学べる事があると判断されたのだと思いますが、その期待を裏切らないよう、厳しく指導していきたいと思います!

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

久々に矯正歯科治療のお話です。

 

矯正歯科治療の最近の(といっても10年以上前からの話ですが...)トピックスとして、「オルソインプラント」というものがあります。

これは歯ぐきに「ネジ」を打ち込み、その「ネジ」を固定源として前歯を奥に引っ込めたり、奥歯が前にずれてこないように固定するために使用します。

一般の方は何を言っているのかわからないと思いますが、オルソインプラントが開発されたおかげで、かなり矯正歯科治療の幅が広がりましたし、今まで顎を手術しなければ治らなかったようなケースが矯正歯科治療のみで治すことが可能になったりと、かなり画期的な発明で、おだいら矯正歯科でもこれまで200本以上使用しております。

歯ぐきに「ネジ」を打ち込むなどと言うとびっくりされる方がほとんどですが、実際の処置はとても簡単で、矯正のためにおこなう永久歯の抜歯よりよほど楽で10分ぐらいの処置時間で終了しますし、外す場合も麻酔無しで簡単に外れます。

ただ、欠点としてまれにオルソインプラントが外れてきてしまう場合があり、この場合は矯正歯科治療の方針を変更しなければならない場合があります。

 

オルソインプラントを埋入する処置ですが、皆様ご存じのように私は矯正歯科治療以外は、簡単なむし歯の治療もできませんので、歯周病やインプラントを専門に治療している同級生の山ちゃん先生に月に1度来てもらっています。

そのおかげか、外れる本数が20%以内なら上出来と言われているなかで、現在まで210本埋入し外れたのはわずか10本、つまり約5%と、非常に高い治療成績を収めています。

 

やはり「餅は餅屋」、ですね!

 

 

123.jpg

表側の装置と裏側のインプラントの組み合わせ

 

labial.jpg

 表側の装置と表側のインプラント

 

456.jpg

裏側の装置と裏側のインプラント

GW 2011

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

少し時間が空いてしまいましたが、今回のゴールデンウィークはまたまた沖縄に行って参りました。

今回は石垣島がメインです。

ここのところいろいろと忙しく、また家族で私以外は花粉症で、それに加え福島原発の放射能問題がありましたので、屋内にこもっていることが多かったのですが、久しぶりに家族と外でゆっくりできる休みを満喫できました。

 

沖縄はすでに梅雨入りしており、あいにくの天気ではありましたが、私以外の方々の日頃の行いが良いため、最終日以外は雨の影響をほとんど受けず、最高気温29度の中プールや海に1日中つかっておりました。

沖縄での4日間はまったく揺れず、改めて東日本からの距離を感じました。揺れないことに違和感を覚えるくらい地震に慣れてしまっている自分にもびっくりですが...

 

 

2010-11-02 10.43.37.jpg

 

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ