2010年9月アーカイブ

皆さんご無沙汰です、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

ここのところアップをさぼっておりました。

 

なぜか8月から10月までものすごい量のやらなければいけないことがあり、てんてこ舞いの日々を送っております。

 

やることが多いと言うことはそれだけブログのネタも多いのですが、なにせ書く時間がありません。

 

忙しい中、ブログを毎回コツコツと更新される方々を尊敬いたしますし、つくづく私はこういったことには向いてないなあなんて思っております...

 

さて、今回は昨日まで行っておりました日本矯正歯科学会のお話です。

今回は私の母校、神奈川歯科大学が主幹のため、横浜市の「パシフィコ横浜」にて927日から29日の3日間開催されました。

 

DSC00768.jpg

 

今回の参加者はなんと4,000人をこえたそうです。

 

それだけ多くの方がいらっしゃっていますので、知っている人ともたくさん会います。

 

今回も会場で話を聞くよりも、久々にあった先生と立ち話で近況報告している時間の方が長かったように思います。

 

そのような中いろいろな新しい情報、また良さそうな材料等を購入しましたので、早速今日から患者さんへ還元したいと思います。

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

今週おだいら矯正歯科に新たな装置が配置されました。

 

その名も朝日レントゲンの「ハイパーX」です。

 

DSC00759.jpg

いわゆるデジタルレントゲンです。

 

今までは通常のレントゲン装置で撮影したものをデジタルに変換していましたが、今回購入した装置はCCDで撮影するデジタルレントゲンで、これに変えることによってドクター側にも患者さん側にも様々なメリットが生まれます。

 

まず患者さん側のメリットとしましては、なんといっても放射線の被曝量が少ないことです。通常のフィルムレントゲンの5分の1といわれています。つまり5枚撮影して今までの1枚分の放射線量ということです。

 

メリットのもう1つは現像時間が短いことです。撮影が終わるとものの数秒で現像されますので、患者さんを現像確認のためお待たせすることが無くなりました。

 

それに対しドクター側のメリットとしましては、なんといっても「画像がきれい」なことです。

 

画像がきれいだと、正確な骨格や歯の位置の分析がしやすくなります。

 

もちろん安い買い物ではありませんが、これらのメリットを考えますと金額に見合うだけのメリットがありそうです。

 

新入スタッフ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

7月、8月は診療日数が少ないのと、夏休みにいらっしゃる患者さんが増えるため、超ーー忙しかったです。

 

9月に入り落ち着いてきましたが、忙しさにかまけてやらなかったことや、ブログをはじめ、サボり気味だったことを一つ一つ整理しているところです。

 

ただ、これで今月から落ち着くかと言えばそうでもなく、後半に横浜で学会があったり、また再来週には同窓の先生の集まりで兵庫県まで行かないといけないため、まだまだ忙しい日が続きそうです...

 

さて、少し前の話になりますが、休診明けの8月20日より新しい歯科技工士がおだいら矯正歯科の一員になりました。

 

歯科技工士の仕事は皆さんが使用するリテーナーを作ったり、検査の時に採った歯型で分析に使う歯の模型を作ったりしています。

 

そのため直接患者さんとお会いする機会はありませんが、皆さんのお口の中に入る物を作るという重要な仕事をしております。

 

もうすでにずいぶん仕事は覚えたようですので、これからも他のスタッフ同様がんばっていただけると思いますので期待しています!!

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ