2008年11月アーカイブ

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

以前、お知らせに書きましたが、昨日1124日まで5日間休診にさせていただきました。

 

その間、こちらにお電話いただいた方、大変申し訳ありませんでした。

 

本日より通常通り再開しておりますので、よろしくお願いいたします。

 

これに併せ、ブログもがんばって書いていこうと思っておりますので、そちらもよろしくお願いいたします。

治療後の予測

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

 

先ほど今まで書いた記事を読んでいましたが、治療に関する記事がとても少ないですね。たまには書いてみようと思います。

 

 

 

 

おだいら矯正歯科では検査後、治療の計画をお話しする際に術後の予測をお見せいたします。(すべて永久歯になってからおこなう本格矯正のみになります。)

 

 

 

術後の予測とは、例えば歯を抜いて治療する場合、抜いたスペースに歯が移動するため口元がさがります。

口元がさがると言っても皆さんにはどのぐらいさがるのかイメージがつかめないかと思いますので、コンピューター上でシミュレーションをおこなうことにより、歯を抜くと治療後にどのぐらい口元がさがり、どのような横顔になるかが見られるのです。

 

 

 

DSC00466.jpg

 

 

 

また、このシミュレーションは、ドクター側が診断を立てる際にも重要な役割を果たします。

シミュレーションによって治療後に歯がどこに動き、適正な位置、そして適正な傾きにするにはどのような装置を使えばよいか、またそれにはどのぐらい時間がかかるかがある程度予測がつくからです。

 

 

 

 

歯を抜いて治療をするのに抵抗がある方も、術後の予測を見ることによって、歯を抜くことに納得される方もたくさんいらっしゃいます。

やはり大事な歯を抜くわけですから、当然不安だと思いますが、このようなシミュレーションを見ることによって、安心して治療を受けていただくことができるのです。

 

 

皆さんこんにちは! 宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長の小平です。

 

宇都宮市におだいら矯正歯科が誕生し、10月で5年が経過しました。

おかげさまで患者さんもスタッフも増えてまいりました。

そこで、この度20086月に院内の改装をおこないました。

 

以下が改装したところです。

 

まず、患者さんのスペースで増えたところは、受付が多少広くなり、新たに相談室(コンサルテーションルーム)を増やしました。

 

 

CONS room.jpg

 

 

コンサルテーションルームを2部屋にした理由は、初めてこちらにいらっしゃる方はまったく未知の世界の話を聞くわけですから、説明には時間をかけてしっかりとやりたいと思っているからです。

 

特に初診相談と検査結果の説明の時は、患者さん自身の問題点や今後の方針、治療の際に起こる可能性があるリスクの話など内容が盛りだくさんですので、充分な説明が必要になります。

そこで、相談室を増やすことにより、私が治療の説明をしている間、別室でトリートメントコーディネーターから料金のお支払い方法や、ご契約内容の確認などを説明することができるため、お待たせせずにゆっくりお話しの時間がとれるようになります。

 

また、診療所には実は2階があります。

以前は私がそこに住んでいましたが、引っ越ししたため、2階に技工室、倉庫、スタッフルーム、院長室を作りました。

 

 

labo.jpg

                技工室です。

 

 

 

 

これだけの改装をしましたので、増築しないと無理だろうなと思っていましたが、見事に改装のみですべて収まりました。

やはり設計士さんてすごいですね!

 

改装の際に御来院いただいた患者さん方には大変ご迷惑をおかけしました。

今後も皆さんのためになることでしたら、どんどん院内を改良して行きたいと思います。

 

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

おだいら矯正歯科は社員研修のため、11月20日(木)から24日(月、祝日)まで休診になります。

 

皆様には大変ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解の程お願いいたします。

 

尚、11月21日(金)と22日(土)は、急患対応のドクターがおりますので、緊急時には対応させていただきます。

その際は、おだいら矯正歯科までご連絡ください。

 

おだいら矯正歯科 

TEL:028(650)?7150

皆さんこんにちは! 宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長の小平です。

 

宇都宮市には「人やさ条例」というものがあります。

「人にやさしい」を略して「人やさ条例」です。

私は開業する際に、このような条例があることを始めて知りました。

 

どのような条例かと言いますと、公共および一般の人が出入りする施設は、すべてバリアフリーにしなければならなかったり、トイレも車椅子対応に入り口を広くしたり、手すりを着けなければならない、といったことが義務づけられています。

 

まさに人にやさしいとても良い条例だと思います。

また、この条例は、他の地域で開業している友達に聞いてもそのような条例はないとのことで、これは宇都宮市だけにあるもののようです。

 

おだいら矯正歯科ももちろんこの条例に沿って建築しました。

そのため、すべてバリアフリーでトイレには手すりも付いています。

 

ただ、まだ新しい条例のようで、詳しい部分はあやふやなように思います。

そのため、「これって必要なの?」と疑問に思うものもいくつかありました。

 

たとえばこれです!

 

 

 

CIMG1153.jpg

 

CIMG1154.jpg

 

 

診療室は道路から駐車場をつっきったところに入り口があるのですが、道路から入り口まで行くのに目が不自由な人が困らないように道路にインターホンをつけてくださいと言われ、設置したものです。

言いたいことはわかるのですが、はたしてこのインターホンまで目が不自由な方が来られるのか、また、来てもボタンの位置がわかるのか疑問です。

 

ちなみに開業して5年が経過しましたが、まだ一度も使用されたことはありません。

あ、2?3回ピンポンダッシュがありました。

 

健康が一番!

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

私事で申し訳ありませんが、本日、朝起きると左目に激痛が走りました。

早速朝一番で眼科に行き、診ていただいたのですが、どうやら私の癖で寝ている間に目をこすり、眼球を傷つけてしまっているそうです。

前にも二度ほどあったのですが、無意識の状態でやっているので、防ぎようがありません。

 

 

とりあえず、目薬を塗り、眼帯をしている状態ですが、片目が見えないのはとにかく不便です。

患者さんにはご迷惑をかけられませんので、通常通り診療をおこないましたが、同じ内容なのにいつもより時間がかかってしまい、大変申し訳なく思っております。

 

 

目ももちろんそうですが、五体満足なのがどれほどありがたいことなのか、また、目や体が不自由な方がどれほど大変なのか改めて考えさせられました。

 

 

ここのところ寒い日が続いておりますので、皆さんも風邪などひかぬよう、どうぞ体にはお気をつけください!

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業しています、おだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

11月2日日曜日、私の母校:神奈川歯科大学がある横須賀市まで行ってきました。

 

  DSC00770.jpg

 

DSC00772.jpg

 

以前私の生い立ちでも書きましたが、私は大学生活の6年間、ゴルフ部に所属していました。

そのゴルフ部のOB会が30周年を迎えるとの事で、私も記念式典に出席してきました。

 

少し早く着いたので、懐かしい場所を散歩してみましたが、約4年ぶりの横須賀はずいぶんと変わった印象を受けました。

いつも行きつけていました、食堂や飲み屋はなくなり、チェーン展開しているレストランや居酒屋が増えたように思います。

やはり大きな企業のレストランには昔からある小さな飲み屋は太刀打ちできないのでしょうか、少し寂しい気もします。

ただ、アメリカ人が多く、どことなくアメリカの空気がするところは以前と変わりありませんでした。

 

 

さて、OB会ですが、とにかく懐かしかったです!

ほとんど卒業してから会っていない方達ばかりですので、13年ぶり以上になります。

同じ釜の飯を食った先輩や同級生、後輩と昔話や近況について話し、かなり盛り上がりました。

 

懇親会の後は当然のごとく2次会、3次会と続きました。

懇親会は午後3時半から始まったのですが、気がつくとすでに夜中の1時半でした。

久々に学生のときのような飲み方をして昔を思い出し、とても楽しい夜になりました。

 

ただ、「学生のときと違うなあ、歳をとったなあ。」と次の日に実感いたしました。

とにかく二日酔いで頭が痛い!もうあんな飲み方しません!

 

次回おこなわれるのはおそらく40周年でしょうか、今から楽しみです。

 

 

皆さんこんにちは、栃木県宇都宮市で開業していますおだいら矯正歯科、院長のおだいらです。

 

突然ですが私は昨年度より、以前少し書きました日本臨床矯正歯科医会の広報委員をやらせていただいております。

 

その広報事業の一環としておこなわれている、「ブレーススマイルコンテスト」の表彰式が30日木曜日にディズニーアンバサダーホテルにておこなわれました。

 

ブレーススマイルコンテスト」とは簡単に言うと、矯正装置を着けて素敵に笑っている写真のコンテストです。

 

第4回になります今回は「夢見る笑顔」というテーマで全国から302点もの応募がありました。

今回の「夢見る笑顔」というテーマはまさに夢の国「ディズニーリゾート」にぴったりのテーマだったと思います。

 

 

私は第一次診査から立ち会いましたが、まず302点から30点程に絞るのに、どの写真もすばらしい笑顔でレベルが高く、かなり審査が難航しました。

その後、第二次審査で今回の8点が選ばれましたが、レベルが高い302点の頂点に立つ8点はやはりそれだけすばらしい写真でした。

 

 

授賞式では受賞者が1人ずつ演台で表彰を受けるのですが、受賞された皆さんは写真よりもすばらしい笑顔をされていました。

 

 

 

CIMG1174.jpg

 

 

 

矯正治療を敬遠される方の多くは矯正装置の見た目の悪さを気にします。

しかし、今回の受賞者の方々は、矯正装置を着けていることをポジティブに考え、装置にカラーゴムを着けたりなど、矯正装置をおしゃれのひとつにしています。

 

おしゃれに楽しく治療しながら、さらに歯並びがきれいになるなんて、もう言うことありません!

 

 

私も受賞者を見て、改めて私の仕事に誇りを持つことができました。

また明日から受賞された皆さんのような方を1人でも多く作れるよう、がんばっていきたいと思います。

 

 

CIMG1178.jpg

               なぜか私もミッキーと記念撮影してしまいました。

 

 

最後に表彰式で配布されたパンフレットの裏に書かれていました文章をご紹介します。

 

 

こんなちっぽけなブレースが、私の未来に光をくれた。

こんなちっぽけなブレースが、私の心に勇気をくれた。

コンプレックスという呪縛から私を解き放つ

こんなちっぽけなブレースが、私に素敵な魔法をかけた。

 

 

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


おだいら矯正歯科
院長 小平安彦
>> 医院ホームページへ

みんなの矯正歯科日記

歯ブログ